自分を変えるために医療の力を利用する

医療

医療について

自分を変えるために医療の力を利用する

画像

昔から自分の容姿が好きになれず、洗面所や浴室で鏡を見ることが嫌でした。
しかし、メイクをするために鏡は必要ですし、洋服を身に付けた時の雰囲気を見るためにも欠かせない物なので処分するようなことはなかったです。
ただ、この先も自分の容姿を好きになれず、鏡を見ることが嫌と感じる生活を続けたくなかったので、対策を考えました。
そこで浮かんだのは好きになれない顔のパーツを変えることです。
つまり、整形することで自分を好きになれるように頑張ってみることにしました。
整形は初めてで全く知識はなかったので不安でしたが、予想していたよりも安い医療費で済みましたし、短時間で終わったので良かったです。
手術が終わって少しずつ以前とは異なる自分の顔になり、完全に良くなった頃には自分でもわかるくらいに明るい性格になっていました。
自分を変えるために医療の力を利用する選択は勇気が必要でしたが、振り返ると自分にとってはベストだったと考えています。

画像