混雑する病院は早めの時間に受付を

医療

医療について

混雑する病院は早めの時間に受付を

画像

初めての医療機関、つまり病院にかかる時には、早い時間に行くと良いと言われます。
大きな病院では、患者さんも多く、午前中に受付をしても、診察は午後になってしまう可能性があるからです。
更に大きな問題として、病院側の都合もあると考えられます。
それは、初めての患者さんが午後遅くに受診したと仮定します。
担当する医師も、紹介状を読むことから始まり、診察に入ることになります。
患者さんの様子を窺うことをしながら、検査の実施を行うことになります。
この時問題になるのが、緊急性のないとされる患者さんに対しては、後日に回されることが考えられることになり、その場で症状を把握しないことがあります。
時間が遅くなることで、他の職員が残業となってしまうことを避ける処置です。
看護師、検査技師、薬剤師等に余計な残業が発生してしまうことを嫌う医師も存在するからです。
決して、悪気があって後日に検査を回すのではなく、健康上に問題がないとされると言うことになります。
緊急時においては、誰もが残業のことなど考えることはありませんが、平穏な時には、何事もなく仕事を終えたいと考える医師がいるのも知っておきましょう。

画像